カテゴリ:たび( 4 )

南仏ところどころ



 お気に入りのアングル。人があまり降りてこないこの場所はいつも足を向けてしまう。
e0214793_03424929.jpg







 ニースの旧市街。

e0214793_08164457.jpg







TGVから撮った夕日。

e0214793_03412073.jpg







滝の前に掛かった虹。

e0214793_08262233.jpg









 マントンのジャン・コクトー美術館の前で。
e0214793_03400861.jpg









 典型的なニースのアパルトマン。


e0214793_03444558.jpg









 ビオショップのなかのカフェ。女の子、可愛い!

e0214793_03464134.jpg









 デザートのお皿も南仏らしい。

e0214793_03453545.jpg








 壁の中で蝶を捕まえようとする少女。


e0214793_19035928.jpg








 旧市街で撮影。

e0214793_08142544.jpg









 ブルーはいつだって、一番好きな色。

e0214793_08230930.jpg











 城壁跡地へ登っていく坂。緑が目に眩しい。

e0214793_03522752.jpg












e0214793_03384371.jpg













e0214793_03392955.jpg










 城壁の跡地で、太極拳に励むご夫人。
e0214793_01393360.jpg









 プロムナード・デ・ザングレで夜の散歩。
e0214793_01462413.jpg

[PR]
by kuro_music | 2015-10-29 18:43 | たび

コート・ダジュールの秋


e0214793_04173740.jpg

パリでしなければいけない事は後を断たない。
でも、毎日グレーの空を見上げながら ネガティブな考えに付きまとわれ始めたら...? やる事はひとつしかない。太陽を浴びに南仏へ行くことだ。
ウィークエンドにさっさと荷物をまとめたら、TGVに飛び乗ろう。ウトウトしているうちに、いつのまにか車窓は明るくなり、印象派の画家たちが描いた松や、赤肌の岩山が目に飛び込んで来るだろう。続いて、どんな宝石もかなわないトルコ・ブルーの地中海の海が広がっていく!

e0214793_07394304.jpg


私がよく行くのはニース。 ニースの駅から外に出ると、いつでも優しい風に包まれて笑顔になってしまう。
アパルトマンに荷物を置いて、真っ先に向かう先はもちろん海岸! 10月も終わりだというのに、海岸には人がたくさん!泳いでる人までいる。

e0214793_07514264.jpg

二日目の今日はさらに暖かい。滝や公園がある岸壁へ、階段を登っていくことにした。海岸線を望む絶景が待っているのだ。

e0214793_04313674.jpg

ここらへん一帯は、神様が口づけしたから地上の楽園になったと誰かが言った。

e0214793_07425490.jpg


これが滝。ものすごい勢いで水が流れ落ちて来る。この水には独特の海の匂いがあって、なぜか嗅いでいると喉が渇いてくる不思議な滝(笑)。

e0214793_08002890.jpg

滝にきれいな虹がかかって。

e0214793_08040758.jpg

e0214793_08054097.jpg

絵画そのものの風景があちこちに。いくら見ていても飽きない、まさにそれが南仏の風景。
e0214793_08075934.jpg



[PR]
by kuro_music | 2015-10-24 04:15 | たび

フランスの北の海辺 ール・アーヴルー

2011の春、パリでのルーテイーンな忙しさに疲れた私は ふと海が見たくなった。
でも、風光明媚な地中海は遠すぎる。
それでは、パリからもそんなに遠くない北の海にしようと、一泊二日の一人旅を計画した。
e0214793_20034445.jpg
平年に比べると、この年の四月はあたたかだった。写真はなんとなく天気が悪そうだけれど、この日は初夏のような気候で海岸にはかなりの数の人々が。

e0214793_20085741.jpg

 ニースの海岸のような華やかさはないけれど、どこか野生の海といった迫力がある。思索にふけるにはぴったりの海岸だ。

e0214793_20104231.jpg
e0214793_20163001.jpg
 

  ホテルは、海岸から歩いて10分もかからないところにあるちいさなホテル。
  海の見える部屋を予約した。

 
e0214793_20323489.jpg
 海のまん前というわけではないけれど、海に浮かぶヨットが遠くに見えて素敵。部屋にはたくさん窓がついていた。開け放すと、潮風が部屋いっぱいに押し寄せる。天国にいるみたい。贅沢な海辺の夕暮れ。
e0214793_20354419.jpg

e0214793_20414787.jpg

 明日はエトルタまで行ってみよう。

Hotel des Phares :3, Place Clemanceau-76310 Sainte-Adresse
www.hotellehavre.fr



[PR]
by kuro_music | 2014-11-30 20:48 | たび

イタリアのちいさな町ーvigevano


ミラノからそう遠くない小さな町、Vigevano(ヴィジェーヴァノ)。
これは、中心街にあるレストラン。この街のレストランのメニューには、ほぼ必ずガチョウ料理がある。

e0214793_2254712.jpg



    古いイタリア映画のような風景。
e0214793_22131881.jpg
      

    奥にあるのは、入口とは別の世界。   
e0214793_22204382.jpg

      
     ふいに見つけた扉。
e0214793_22241725.jpg


   
e0214793_2230553.jpg




e0214793_22301292.jpg

     
     真冬の午後のひととき。通りには誰もいない。
e0214793_22333080.jpg

[PR]
by kuro_music | 2013-09-15 22:37 | たび