<   2015年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

私はシャルリー

私がお正月休みを終えてこちらに戻るという日の前日、その事件は起きた。
パリの新聞社でテロが起き、12人もの人達が殺されたのだ。標的となったのは、シャルリー.エブドという風刺新聞に携わる人々。当然の事ながら、風刺画を描く漫画家や編集者たちも含まれていた。テロを引き起こしたのはイスラム過激派の若い兄弟だった。新聞がイスラム教を風刺したことが原因だ。でも、この新聞は反イスラムを掲げているわけではない。今までに風刺されたのは、ローマ法王にベルルスコーニ、日本の福島の事件に至るまでたくさんの社会現象を彼らなりのやり方で風刺してきた。いわばフランスの言論の自由を代表するような存在だったのだ。
この事件が起きた翌々日、又してもパリで二つのテロが起きた。例の新聞社の事件後、逃亡していたテロリストの兄弟が、今度はパリ空港からそう遠くないところにある企業の建物に立てこもった。ほどなくして、二人とも警察の放った弾で命を落としたが、それから数時間後パリの東側で別のテロ事件が起きた。ユダヤ人の商店を狙ったテロだった。本当に信じられないような1日だった。スーパーマーケットに行くことすら恐しく感じられた。
でも、この日から数日たった1月11日の日曜日、パリ中の人々が共和国広場に集まった。この国の合言葉である自由、平等、博愛を互いに確認し合うために。[宗教以前に私達は人間だ]と書かれたプラカードがパリの町中に踊った。
160万人の行進に混じって歩きながら、再び自分の暮らす街と人々について思いをめぐらした。これだけ小さな街にこれだけたくさんの、文化や宗教の違う人びとが暮らすことについて。そしてそんな違いをものともせずに独自の文化を築き上げてきたパリという街の懐の深さと、そんな街を愛して止まない人々の思いを痛いほど感じ、私もこの街に暮らすことのできる幸せをそっとかみしめた一日だった。

e0214793_18242139.jpg

あちこちにトリコロールの旗とプラカードが踊った。

e0214793_18271162.jpg


e0214793_18283807.jpg


(右奥のプラカードから): 私はシャルリー、私はフランス、私は共に生きる (左の夫人): 無宗教の表現の自由
e0214793_18293486.jpg

一般の人々が心をひとつにした日
e0214793_18415161.jpg

[私は人間]と書かれたプラカード。
e0214793_18433484.jpg

この人の背中には、キリストと、モーゼとマホメットが仲良く歓談しながら[平和のメッセージはおなじなのにねえ]と言っている様子が描かれている。
e0214793_18520217.jpg

e0214793_18534219.jpg

[PR]
by kuro_music | 2015-02-19 02:57

少しだけ暖かい日

日本から戻ってからは、寒さの厳しい日が続いていた。
でも、2月に入ってだんだん1日が長く感じられるようになってきた。
e0214793_05173256.jpg
それにしても今日は春のような光に満ちている!チュイルリー公園に行ってみようかな。

e0214793_05201082.jpg

2週間の冬のヴァカンスを目前にしたパリは、平日ということもあってか人影もまばら。でもたくさんの人達がベンチに座ってお昼休みの日光浴を楽しんでいた。

e0214793_05251119.jpg

寒さに硬くなった体が、どんどんほぐれていくのがわかる。冬の日光浴は、ごちそうだ!
e0214793_05285022.jpg

今日は水曜日だから、ルーヴルも夜の9時半まで開いている!この後、カフェで濃いコーヒーを飲んだら行ってみよう。
e0214793_05340041.jpg
e0214793_05350166.jpg
今日は、大好きなボッティチェリのあるドゥノン翼に行ってみよう。

[PR]
by kuro_music | 2015-02-18 05:12 | パリでお散歩