<   2015年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

南仏ところどころ



 お気に入りのアングル。人があまり降りてこないこの場所はいつも足を向けてしまう。
e0214793_03424929.jpg







 ニースの旧市街。

e0214793_08164457.jpg







TGVから撮った夕日。

e0214793_03412073.jpg







滝の前に掛かった虹。

e0214793_08262233.jpg









 マントンのジャン・コクトー美術館の前で。
e0214793_03400861.jpg









 典型的なニースのアパルトマン。


e0214793_03444558.jpg









 ビオショップのなかのカフェ。女の子、可愛い!

e0214793_03464134.jpg









 デザートのお皿も南仏らしい。

e0214793_03453545.jpg








 壁の中で蝶を捕まえようとする少女。


e0214793_19035928.jpg








 旧市街で撮影。

e0214793_08142544.jpg









 ブルーはいつだって、一番好きな色。

e0214793_08230930.jpg











 城壁跡地へ登っていく坂。緑が目に眩しい。

e0214793_03522752.jpg












e0214793_03384371.jpg













e0214793_03392955.jpg










 城壁の跡地で、太極拳に励むご夫人。
e0214793_01393360.jpg









 プロムナード・デ・ザングレで夜の散歩。
e0214793_01462413.jpg

[PR]
by kuro_music | 2015-10-29 18:43 | たび

コート・ダジュールの秋


e0214793_04173740.jpg

パリでしなければいけない事は後を断たない。
でも、毎日グレーの空を見上げながら ネガティブな考えに付きまとわれ始めたら...? やる事はひとつしかない。太陽を浴びに南仏へ行くことだ。
ウィークエンドにさっさと荷物をまとめたら、TGVに飛び乗ろう。ウトウトしているうちに、いつのまにか車窓は明るくなり、印象派の画家たちが描いた松や、赤肌の岩山が目に飛び込んで来るだろう。続いて、どんな宝石もかなわないトルコ・ブルーの地中海の海が広がっていく!

e0214793_07394304.jpg


私がよく行くのはニース。 ニースの駅から外に出ると、いつでも優しい風に包まれて笑顔になってしまう。
アパルトマンに荷物を置いて、真っ先に向かう先はもちろん海岸! 10月も終わりだというのに、海岸には人がたくさん!泳いでる人までいる。

e0214793_07514264.jpg

二日目の今日はさらに暖かい。滝や公園がある岸壁へ、階段を登っていくことにした。海岸線を望む絶景が待っているのだ。

e0214793_04313674.jpg

ここらへん一帯は、神様が口づけしたから地上の楽園になったと誰かが言った。

e0214793_07425490.jpg


これが滝。ものすごい勢いで水が流れ落ちて来る。この水には独特の海の匂いがあって、なぜか嗅いでいると喉が渇いてくる不思議な滝(笑)。

e0214793_08002890.jpg

滝にきれいな虹がかかって。

e0214793_08040758.jpg

e0214793_08054097.jpg

絵画そのものの風景があちこちに。いくら見ていても飽きない、まさにそれが南仏の風景。
e0214793_08075934.jpg



[PR]
by kuro_music | 2015-10-24 04:15 | たび

秋のたのしみ


e0214793_07152247.jpg
秋の楽しみ方って人それぞれだ。私は早速、読書を決め込んでいる。え? こんなに美しい季節に家におこもりですかって? いや実に。手元にはもはや我が子のように手放すことのできない、アマゾンのちいさなタブレットがありまして、これでパリにいながら日本語の書籍を(お得に)!山ほど読むことが可能になったばかりなのでございます。でもって、秋の楽しみといえば食べることだから、ますますダイエットどころではないですね。


家を一歩出たところにあるビオショップに行って、フレッシュなキノコをたくさん買ったので、カステッラーネというパスタとクリームで和えたら美味でした。
e0214793_07130144.jpg



この秋は[お料理の苦手な私]をもう卒業して、できるだけいろんなお料理を作ってみたい。で、実は一番作ってみたいのが プルーストの"失われた時を求めて"の中で、主人公が紅茶に浸して食べた、あの魔法のような味のマドレーヌだ。


e0214793_09205863.jpg













[PR]
by kuro_music | 2015-10-19 09:32

プティパレへ行ってみよう

そういえば、うだるような暑さは一体どこへ逃げていったんだろう?
いつのまにか、自分が次の季節のまん中にいることに気づく。
はかなく移ろいゆく季節を捕まえることはできなくても、味わう楽しみはある。
この秋私にとって新たな発見のひとつがプチ・パレ(petit-palais) 美術館だ。パリに11年も住みながら、一度も訪れたことがなかった。
やれやれ、ガイド失格だ!!何せ、そこはあまりにも美しい空間。特に19世紀末から20世紀初頭のアートを愛する人々にとっては答えられないほどの宝物とインスピレーション源に満ちた、優雅な館である。しかも入場は無料であるから、毎日でも気に入った作品を観にいくことができる。

e0214793_06291407.jpg

これは、プチ・パレの中庭に面した回廊。暖かい季節には、ここで美しい丸天井を眺めながらお茶が飲める。
e0214793_00584797.jpg



e0214793_06595073.jpg




e0214793_06592782.jpg




プチ・パレを出ると、足が自然とアレクサンドル三世橋へと向いてしまう。
e0214793_01035264.jpg

晴れていると、橋の向こうがこんなによく見える。
e0214793_18013054.jpg

橋には大きな彫刻が施されていてすごくリアル。
e0214793_01110980.jpg

  


方向転換してぶらぶら歩くと、アパルトマンの壁にこんなにはっきりと街灯のシルエット!
e0214793_18162772.jpg




チュイルリー公園で。天使のような女の子が飛び跳ねている光景に出会う。
e0214793_01234282.jpg


     秋晴れの公園でおもいおもいに時を過ごしている。
e0214793_01253765.jpg
   


さんぽの途中でほんものの芸術作品を、子供にも見せられる贅沢。
e0214793_01061279.jpg

チュイルリー公園にはこどもがいっぱい!
e0214793_18093227.jpg

公園の片隅、お気に入りのベンチからはエッフェル塔が見える。
e0214793_01263424.jpg



e0214793_18130637.jpg

[PR]
by kuro_music | 2015-10-14 18:34 | パリでお散歩