私はシャルリー

私がお正月休みを終えてこちらに戻るという日の前日、その事件は起きた。
パリの新聞社でテロが起き、12人もの人達が殺されたのだ。標的となったのは、シャルリー.エブドという風刺新聞に携わる人々。当然の事ながら、風刺画を描く漫画家や編集者たちも含まれていた。テロを引き起こしたのはイスラム過激派の若い兄弟だった。新聞がイスラム教を風刺したことが原因だ。でも、この新聞は反イスラムを掲げているわけではない。今までに風刺されたのは、ローマ法王にベルルスコーニ、日本の福島の事件に至るまでたくさんの社会現象を彼らなりのやり方で風刺してきた。いわばフランスの言論の自由を代表するような存在だったのだ。
この事件が起きた翌々日、又してもパリで二つのテロが起きた。例の新聞社の事件後、逃亡していたテロリストの兄弟が、今度はパリ空港からそう遠くないところにある企業の建物に立てこもった。ほどなくして、二人とも警察の放った弾で命を落としたが、それから数時間後パリの東側で別のテロ事件が起きた。ユダヤ人の商店を狙ったテロだった。本当に信じられないような1日だった。スーパーマーケットに行くことすら恐しく感じられた。
でも、この日から数日たった1月11日の日曜日、パリ中の人々が共和国広場に集まった。この国の合言葉である自由、平等、博愛を互いに確認し合うために。[宗教以前に私達は人間だ]と書かれたプラカードがパリの町中に踊った。
160万人の行進に混じって歩きながら、再び自分の暮らす街と人々について思いをめぐらした。これだけ小さな街にこれだけたくさんの、文化や宗教の違う人びとが暮らすことについて。そしてそんな違いをものともせずに独自の文化を築き上げてきたパリという街の懐の深さと、そんな街を愛して止まない人々の思いを痛いほど感じ、私もこの街に暮らすことのできる幸せをそっとかみしめた一日だった。

e0214793_18242139.jpg

あちこちにトリコロールの旗とプラカードが踊った。

e0214793_18271162.jpg


e0214793_18283807.jpg


(右奥のプラカードから): 私はシャルリー、私はフランス、私は共に生きる (左の夫人): 無宗教の表現の自由
e0214793_18293486.jpg

一般の人々が心をひとつにした日
e0214793_18415161.jpg

[私は人間]と書かれたプラカード。
e0214793_18433484.jpg

この人の背中には、キリストと、モーゼとマホメットが仲良く歓談しながら[平和のメッセージはおなじなのにねえ]と言っている様子が描かれている。
e0214793_18520217.jpg

e0214793_18534219.jpg

[PR]
# by kuro_music | 2015-02-19 02:57

少しだけ暖かい日

日本から戻ってからは、寒さの厳しい日が続いていた。
でも、2月に入ってだんだん1日が長く感じられるようになってきた。
e0214793_05173256.jpg
それにしても今日は春のような光に満ちている!チュイルリー公園に行ってみようかな。

e0214793_05201082.jpg

2週間の冬のヴァカンスを目前にしたパリは、平日ということもあってか人影もまばら。でもたくさんの人達がベンチに座ってお昼休みの日光浴を楽しんでいた。

e0214793_05251119.jpg

寒さに硬くなった体が、どんどんほぐれていくのがわかる。冬の日光浴は、ごちそうだ!
e0214793_05285022.jpg

今日は水曜日だから、ルーヴルも夜の9時半まで開いている!この後、カフェで濃いコーヒーを飲んだら行ってみよう。
e0214793_05340041.jpg
e0214793_05350166.jpg
今日は、大好きなボッティチェリのあるドゥノン翼に行ってみよう。

[PR]
# by kuro_music | 2015-02-18 05:12 | パリでお散歩

Joyeux noël!


     リヴォリ通りのクリスマス!
e0214793_07595519.jpg

  
e0214793_07455114.jpg


  
e0214793_07450727.jpg


  今年はかなりあたたかいクリスマス。でも、クリスマス直前の12月22日ともなれば、通りには人もまばら。こちらではクリスマスは日本のお正月と同じ。皆、プレゼントをかかえて里帰りするのでパリはどんどん空っぽに。 日本の12月28日ごろのような、年末の雰囲気です。こんな雰囲気が私はとても好き!


e0214793_07464775.jpg

e0214793_07510502.jpg

e0214793_07514178.jpg

[PR]
# by kuro_music | 2014-12-23 08:20 | パリでお散歩

アントワーヌ・ドワネルの冒険(その3)ー 夜霧の恋人たち ーBaisers voles


e0214793_08433662.jpg

兵役を終えた(というか、放り出された)アントワーヌは、再びサクレ・クール寺院の見える、自分のちいさなアパルトマンに帰ってくる。
真っ先に、ガール・フレンドのクリステイーヌの家へと向かうアントワーヌ。クリステイーヌはあいにく留守だったけど、相変わらずガールフレンドの両親にもてもてのアントワーヌは、まあまあゆっくりしていきなさいと引き止められて食卓へ。ちょうどよく彼らの知り合いを通じて、ホテルの夜勤の仕事を紹介してもらった。

e0214793_22533070.jpg


夜勤中にクリステイーヌが会いにやって来る。明らかに、アントワーヌのことが気になるみたい?でも彼女なら、絶対理想の女の子!
e0214793_22562516.png


 ホテルで仕事中(!)の探偵に、よかったら自分のところで働いてみないかね?と誘われたアントワーヌは早速転職! でもこの仕事、本当に向いてるの..?

e0214793_08422218.jpg
 

木の陰に隠れてるのがアントワーヌ。でもこれが慣れないとなかなか難しい。もうマダムにはバレバレ!!お巡りさんに通報されちゃう。
e0214793_22565663.jpg


ある男を追跡中、通りで、バッタリ初恋のコレットに遭遇!!なんと、夫は昔の恋敵アルベール。
「今度、デイナーにいらっしゃいよ」と軽く誘われたけど、平穏でいられないアントワーヌ。またもや追跡に失敗!!
e0214793_22540508.jpg


 探偵の次は、大手の靴屋の店員にまたもや転職。!でも、オーナーの奥さんはとびきり魅力的....!なにかが起こりそうな予感。
e0214793_08412557.jpg

 自分が恋に落ちてしまったことを隠せないアントワーヌ。同僚に、夫人を賛美する言葉をべらべらしゃべりまくる。
e0214793_08415740.jpg



 ブルジョワの奥さんであるタバ夫人はエッフェル塔(後ろ!)の見えるアパルトマンで退屈していた。従業員たちの噂話で、アントワーヌが自分に好意を抱いていることを知った彼女はアントワーヌにシックなネクタイを贈る。
e0214793_22544281.jpg


 ある朝突然アントワーヌを訪ねる夫人。アントワーヌはまだベッドのなかだった。部屋には、クリステイーヌの写真が飾ってある。夫人はアントワーヌにあとくされのない、一回きりの不倫を提案する。
e0214793_22534968.jpg


e0214793_00325623.jpeg
 


  でも、本命はやっぱりクリステイーヌ。というか、クリステイーヌのほうがアントワーヌに執心している様子。両親がバカンスに出かけたのをみはからって、いよいよアタック開始。わざとテレビの部品をはずして壊れたように見せかけ、靴屋を辞めたあと電気修理工になったアントワーヌを家に来させる。クリステイーヌの作戦は見事成功。ふたりは幸せに朝を迎える(彼女は彼に、いかにラスクを破損させずにバターを塗るかのテクニックを伝授する)。 そしてアントワーヌは......,
ついに彼女に求婚する! めでたし、めでたし。
e0214793_08404764.jpg




e0214793_00365381.jpg

[PR]
# by kuro_music | 2014-12-22 00:40 | kuroの試写室

アントワーヌ・ドワネルの冒険(その2)- 20歳の恋 - Antoine et Colette (仏題)


e0214793_08270302.jpg

 さてさて、腕白小僧だったアントワーヌも、もう青春の真っ只中。
とっても気になる女の子がいる。その名はコレット。クラシックのコンサート会場で一目見て恋に落ちたのだ。
1962年に撮られたこの作品は、短編で29分しかない。だからよく、他の映画とカップリングで売られていたのを思い出す。私が昔持っていたビデオにも、これともうひとつ何か別のフランス映画が入っていた。短いとはいえ、これはアントワーヌシリーズのれっきとした2作目で アントワーヌのその後のキャラクターを理解する上で欠かせないエピソードが語られている。


自立したくてたまらなかったアントワーヌは、ちいさな仕事を見つけ、小さいけれど人生で最初の自分の城を見つける!それがこのアパルトマン。
e0214793_08273097.jpg


 目覚まし時計のネジとラジオのつまみをひもで結び付けて作った、オリジナルの目覚まし時計で目を覚ますシーン。目覚ましが鳴ると、ネジが回転しラジオがオンになるしくみ。目覚ましラジオの存在しない時代は、個々がもっと知恵を絞ってくらしてたんですねえ.....。アントワーヌの一日は、昨日の吸い殻に再び火をつけ、バッハのレコードに針を落とすところからスタートします。

e0214793_08275243.jpg

 
 映画館でコレットに迫るアントワーヌ。おもいきり退けられたアントワーヌはショックで即、退場。
e0214793_08280864.jpg




 大好きなコレットの家族の住む家の真向かいに引越しをして以来、アントワーヌはもう彼らの家族の一部。ごはんだって食べに行っちゃう。
コレットの両親にはとても歓迎されているアントワーヌだけれど、肝心のコレットはいつまでたっても脈なし。そしてこの日コレットは、夕食後に迎えに来たアルベールと共に、アントワーヌをおいてきぼりにして出かけてしまう。
e0214793_08282891.jpg



    ちょっと、可愛そうなラストです。でも、これが青春!

e0214793_08375685.png



[PR]
# by kuro_music | 2014-12-19 07:51 | kuroの試写室