タグ:テロ ( 2 ) タグの人気記事

パリが戦場になった夜

e0214793_03044219.jpg

パリから平和な日常が消えた。いや、もしかすると「平和な日常」など 勝手な幻想だったのかもしれない。ひとつだけ、はっきりしているのは一夜で周りの世界が変わってしまったということだ。
金曜日の夜のパリ同時多発テロ。
サッカー場をはじめ、有名なバタクラン劇場や、庶民の憩うサン・マルタン運河周辺の店のテラスや通りでおびただしい数の人々が犠牲になった。
私もショックのあまり、先週末からまるで時が止まってしまったかのような日々を送っている。
あの日、テロが起きた通りにいたのは自分だったかもしれないし、友人だったかもしれない。そんな思いが、自分を無力感で一杯にする。
「私も、友人も無事だった」というただそれだけのことが、とてつもない安堵感と、新たな不安とのパラドックスで板ばさみにしてくる。

思えばあの日の午後は、友人とオペラ座近くのグラン・ブールヴァールでお茶を飲んでいた。 でも私ははじめ、サン・マルタン運河の近くのサロン・ド・テに行こうと提案した。すると友人が、自分の家からはちょっと遠いからと言ったので行かなかったのであるが、そのサロン・ド・テは、あの凄惨なテロがあったカンボジアレストランと同じ通りにあった。
私たちがその日、サン・マルタン運河の地区を選ばずにグラン・ブールヴァールにしたのも、約束を夜ではなく昼にしたのも、すべて偶然だ。

私たちが当たり前のように「日常」と呼ぶものは、もしかしたら積み重なるありがたい偶然によって成り立っているだけなのかもしれない。

ベイルートのテロ、ロシアの航空機のテロ、すべてのテロの前に私たちは無力かもしれない。でも国境を越えて、宗教を超えて人々が志をひとつにするチャンスでもある。 この数日、パリの人々が日頃の無関心さから抜け出して、優しく声をかけ合うようになったと感じるのはどうやら私だけではないようだ。



[PR]
by kuro_music | 2015-11-19 04:42

私はシャルリー

私がお正月休みを終えてこちらに戻るという日の前日、その事件は起きた。
パリの新聞社でテロが起き、12人もの人達が殺されたのだ。標的となったのは、シャルリー.エブドという風刺新聞に携わる人々。当然の事ながら、風刺画を描く漫画家や編集者たちも含まれていた。テロを引き起こしたのはイスラム過激派の若い兄弟だった。新聞がイスラム教を風刺したことが原因だ。でも、この新聞は反イスラムを掲げているわけではない。今までに風刺されたのは、ローマ法王にベルルスコーニ、日本の福島の事件に至るまでたくさんの社会現象を彼らなりのやり方で風刺してきた。いわばフランスの言論の自由を代表するような存在だったのだ。
この事件が起きた翌々日、又してもパリで二つのテロが起きた。例の新聞社の事件後、逃亡していたテロリストの兄弟が、今度はパリ空港からそう遠くないところにある企業の建物に立てこもった。ほどなくして、二人とも警察の放った弾で命を落としたが、それから数時間後パリの東側で別のテロ事件が起きた。ユダヤ人の商店を狙ったテロだった。本当に信じられないような1日だった。スーパーマーケットに行くことすら恐しく感じられた。
でも、この日から数日たった1月11日の日曜日、パリ中の人々が共和国広場に集まった。この国の合言葉である自由、平等、博愛を互いに確認し合うために。[宗教以前に私達は人間だ]と書かれたプラカードがパリの町中に踊った。
160万人の行進に混じって歩きながら、再び自分の暮らす街と人々について思いをめぐらした。これだけ小さな街にこれだけたくさんの、文化や宗教の違う人びとが暮らすことについて。そしてそんな違いをものともせずに独自の文化を築き上げてきたパリという街の懐の深さと、そんな街を愛して止まない人々の思いを痛いほど感じ、私もこの街に暮らすことのできる幸せをそっとかみしめた一日だった。

e0214793_18242139.jpg

あちこちにトリコロールの旗とプラカードが踊った。

e0214793_18271162.jpg


e0214793_18283807.jpg


(右奥のプラカードから): 私はシャルリー、私はフランス、私は共に生きる (左の夫人): 無宗教の表現の自由
e0214793_18293486.jpg

一般の人々が心をひとつにした日
e0214793_18415161.jpg

[私は人間]と書かれたプラカード。
e0214793_18433484.jpg

この人の背中には、キリストと、モーゼとマホメットが仲良く歓談しながら[平和のメッセージはおなじなのにねえ]と言っている様子が描かれている。
e0214793_18520217.jpg

e0214793_18534219.jpg

[PR]
by kuro_music | 2015-02-19 02:57