タグ:パリ ( 12 ) タグの人気記事

パリが戦場になった夜

e0214793_03044219.jpg

パリから平和な日常が消えた。いや、もしかすると「平和な日常」など 勝手な幻想だったのかもしれない。ひとつだけ、はっきりしているのは一夜で周りの世界が変わってしまったということだ。
金曜日の夜のパリ同時多発テロ。
サッカー場をはじめ、有名なバタクラン劇場や、庶民の憩うサン・マルタン運河周辺の店のテラスや通りでおびただしい数の人々が犠牲になった。
私もショックのあまり、先週末からまるで時が止まってしまったかのような日々を送っている。
あの日、テロが起きた通りにいたのは自分だったかもしれないし、友人だったかもしれない。そんな思いが、自分を無力感で一杯にする。
「私も、友人も無事だった」というただそれだけのことが、とてつもない安堵感と、新たな不安とのパラドックスで板ばさみにしてくる。

思えばあの日の午後は、友人とオペラ座近くのグラン・ブールヴァールでお茶を飲んでいた。 でも私ははじめ、サン・マルタン運河の近くのサロン・ド・テに行こうと提案した。すると友人が、自分の家からはちょっと遠いからと言ったので行かなかったのであるが、そのサロン・ド・テは、あの凄惨なテロがあったカンボジアレストランと同じ通りにあった。
私たちがその日、サン・マルタン運河の地区を選ばずにグラン・ブールヴァールにしたのも、約束を夜ではなく昼にしたのも、すべて偶然だ。

私たちが当たり前のように「日常」と呼ぶものは、もしかしたら積み重なるありがたい偶然によって成り立っているだけなのかもしれない。

ベイルートのテロ、ロシアの航空機のテロ、すべてのテロの前に私たちは無力かもしれない。でも国境を越えて、宗教を超えて人々が志をひとつにするチャンスでもある。 この数日、パリの人々が日頃の無関心さから抜け出して、優しく声をかけ合うようになったと感じるのはどうやら私だけではないようだ。



[PR]
by kuro_music | 2015-11-19 04:42

紅葉さがし

  ベルヴィル公園から、今年も秋の紅葉をお届けします。

e0214793_20201080.jpg




 パリでは、ル・ノートルが設計したチュイルリー公園やリュクサンブール公園に注目が集まってしまうけど、他にもあちこちにステキな公園はある。
特に19区のビュット・ショーモンや、ベルヴイル公園は、いい意味で手入れされていないところが魅力。


e0214793_20222615.jpg




皆、驚くほどあったかい日曜日の公園で気持ちよさそう。
たくさんの人が、芝生の上にごろり!

e0214793_00554640.jpg





秋のいちょうの木には、日本とつながる素敵な思い出ばかり。
そういえば、井の頭公園の近くの母校にも、たくさんのいちょうの木があったな。
e0214793_20245308.jpg






家の窓から。午後の夕日があたると、公園全体が黄金色に輝く。

e0214793_08253398.jpg


[PR]
by kuro_music | 2015-11-11 01:16 | パリでお散歩

やさしい季節

e0214793_08411963.jpg

今日は、11月に入ってから二度目の日曜日。

パリは暖かくて、11月なのになんと20度もあった。これは例年のフランスの同じ時期と比べると格段に暖かい。

この異常さに喜んでいいんだか、心配するべきなのか......。

でも外に出てみると、皆さんやはり薄着でそぞろ歩きを楽しんでいるよう。Tシャツ姿の人の姿まで時々見かける。こうなるともう、秋なんだか春なんだかわからない。
でも、この本当に信じられないくらい甘くやさしく頬を撫でる風は、どこか夏を帯びた晩春の夕方の風にも似ている!と、道を歩きながら不思議な快楽にひたる私。

思わず、数年前(かなり前だったと思うが)の真冬に、いっとき海で泳げるくらいに暖かい日が続いたというロシアのどこかの街を思い出してしまった。 そのとき、フランスのテレビのインタビューに対してある婦人が、「これは、まぎれもなく神様の思し召しだわ!!」と言って喜びを隠しきれない様子だったのが印象に残っている。
毎年、とてつもなく厳しい冬に何ヶ月も耐えなくてはならないロシア人にとっては異常気象だろうがなんだろうが、その冬は神様からの贈り物に思えたに違いない。

ロシアの例を出さずとも、やはり気温が高いというのはそれだけで暮らしやすく、ありがたいものだ。とはいえ、心のどこかで嵐や台風の日に家にこもって心配しながらニュースを見ている時に味わう、あの「非日常性」にわくわくする後ろめたさのようなものを感じていることを認めざるを得ない。






[PR]
by kuro_music | 2015-11-09 08:47

プティパレへ行ってみよう

そういえば、うだるような暑さは一体どこへ逃げていったんだろう?
いつのまにか、自分が次の季節のまん中にいることに気づく。
はかなく移ろいゆく季節を捕まえることはできなくても、味わう楽しみはある。
この秋私にとって新たな発見のひとつがプチ・パレ(petit-palais) 美術館だ。パリに11年も住みながら、一度も訪れたことがなかった。
やれやれ、ガイド失格だ!!何せ、そこはあまりにも美しい空間。特に19世紀末から20世紀初頭のアートを愛する人々にとっては答えられないほどの宝物とインスピレーション源に満ちた、優雅な館である。しかも入場は無料であるから、毎日でも気に入った作品を観にいくことができる。

e0214793_06291407.jpg

これは、プチ・パレの中庭に面した回廊。暖かい季節には、ここで美しい丸天井を眺めながらお茶が飲める。
e0214793_00584797.jpg



e0214793_06595073.jpg




e0214793_06592782.jpg




プチ・パレを出ると、足が自然とアレクサンドル三世橋へと向いてしまう。
e0214793_01035264.jpg

晴れていると、橋の向こうがこんなによく見える。
e0214793_18013054.jpg

橋には大きな彫刻が施されていてすごくリアル。
e0214793_01110980.jpg

  


方向転換してぶらぶら歩くと、アパルトマンの壁にこんなにはっきりと街灯のシルエット!
e0214793_18162772.jpg




チュイルリー公園で。天使のような女の子が飛び跳ねている光景に出会う。
e0214793_01234282.jpg


     秋晴れの公園でおもいおもいに時を過ごしている。
e0214793_01253765.jpg
   


さんぽの途中でほんものの芸術作品を、子供にも見せられる贅沢。
e0214793_01061279.jpg

チュイルリー公園にはこどもがいっぱい!
e0214793_18093227.jpg

公園の片隅、お気に入りのベンチからはエッフェル塔が見える。
e0214793_01263424.jpg



e0214793_18130637.jpg

[PR]
by kuro_music | 2015-10-14 18:34 | パリでお散歩

私はシャルリー

私がお正月休みを終えてこちらに戻るという日の前日、その事件は起きた。
パリの新聞社でテロが起き、12人もの人達が殺されたのだ。標的となったのは、シャルリー.エブドという風刺新聞に携わる人々。当然の事ながら、風刺画を描く漫画家や編集者たちも含まれていた。テロを引き起こしたのはイスラム過激派の若い兄弟だった。新聞がイスラム教を風刺したことが原因だ。でも、この新聞は反イスラムを掲げているわけではない。今までに風刺されたのは、ローマ法王にベルルスコーニ、日本の福島の事件に至るまでたくさんの社会現象を彼らなりのやり方で風刺してきた。いわばフランスの言論の自由を代表するような存在だったのだ。
この事件が起きた翌々日、又してもパリで二つのテロが起きた。例の新聞社の事件後、逃亡していたテロリストの兄弟が、今度はパリ空港からそう遠くないところにある企業の建物に立てこもった。ほどなくして、二人とも警察の放った弾で命を落としたが、それから数時間後パリの東側で別のテロ事件が起きた。ユダヤ人の商店を狙ったテロだった。本当に信じられないような1日だった。スーパーマーケットに行くことすら恐しく感じられた。
でも、この日から数日たった1月11日の日曜日、パリ中の人々が共和国広場に集まった。この国の合言葉である自由、平等、博愛を互いに確認し合うために。[宗教以前に私達は人間だ]と書かれたプラカードがパリの町中に踊った。
160万人の行進に混じって歩きながら、再び自分の暮らす街と人々について思いをめぐらした。これだけ小さな街にこれだけたくさんの、文化や宗教の違う人びとが暮らすことについて。そしてそんな違いをものともせずに独自の文化を築き上げてきたパリという街の懐の深さと、そんな街を愛して止まない人々の思いを痛いほど感じ、私もこの街に暮らすことのできる幸せをそっとかみしめた一日だった。

e0214793_18242139.jpg

あちこちにトリコロールの旗とプラカードが踊った。

e0214793_18271162.jpg


e0214793_18283807.jpg


(右奥のプラカードから): 私はシャルリー、私はフランス、私は共に生きる (左の夫人): 無宗教の表現の自由
e0214793_18293486.jpg

一般の人々が心をひとつにした日
e0214793_18415161.jpg

[私は人間]と書かれたプラカード。
e0214793_18433484.jpg

この人の背中には、キリストと、モーゼとマホメットが仲良く歓談しながら[平和のメッセージはおなじなのにねえ]と言っている様子が描かれている。
e0214793_18520217.jpg

e0214793_18534219.jpg

[PR]
by kuro_music | 2015-02-19 02:57

アントワーヌ・ドワネルの冒険(その3)ー 夜霧の恋人たち ーBaisers voles


e0214793_08433662.jpg

兵役を終えた(というか、放り出された)アントワーヌは、再びサクレ・クール寺院の見える、自分のちいさなアパルトマンに帰ってくる。
真っ先に、ガール・フレンドのクリステイーヌの家へと向かうアントワーヌ。クリステイーヌはあいにく留守だったけど、相変わらずガールフレンドの両親にもてもてのアントワーヌは、まあまあゆっくりしていきなさいと引き止められて食卓へ。ちょうどよく彼らの知り合いを通じて、ホテルの夜勤の仕事を紹介してもらった。

e0214793_22533070.jpg


夜勤中にクリステイーヌが会いにやって来る。明らかに、アントワーヌのことが気になるみたい?でも彼女なら、絶対理想の女の子!
e0214793_22562516.png


 ホテルで仕事中(!)の探偵に、よかったら自分のところで働いてみないかね?と誘われたアントワーヌは早速転職! でもこの仕事、本当に向いてるの..?

e0214793_08422218.jpg
 

木の陰に隠れてるのがアントワーヌ。でもこれが慣れないとなかなか難しい。もうマダムにはバレバレ!!お巡りさんに通報されちゃう。
e0214793_22565663.jpg


ある男を追跡中、通りで、バッタリ初恋のコレットに遭遇!!なんと、夫は昔の恋敵アルベール。
「今度、デイナーにいらっしゃいよ」と軽く誘われたけど、平穏でいられないアントワーヌ。またもや追跡に失敗!!
e0214793_22540508.jpg


 探偵の次は、大手の靴屋の店員にまたもや転職。!でも、オーナーの奥さんはとびきり魅力的....!なにかが起こりそうな予感。
e0214793_08412557.jpg

 自分が恋に落ちてしまったことを隠せないアントワーヌ。同僚に、夫人を賛美する言葉をべらべらしゃべりまくる。
e0214793_08415740.jpg



 ブルジョワの奥さんであるタバ夫人はエッフェル塔(後ろ!)の見えるアパルトマンで退屈していた。従業員たちの噂話で、アントワーヌが自分に好意を抱いていることを知った彼女はアントワーヌにシックなネクタイを贈る。
e0214793_22544281.jpg


 ある朝突然アントワーヌを訪ねる夫人。アントワーヌはまだベッドのなかだった。部屋には、クリステイーヌの写真が飾ってある。夫人はアントワーヌにあとくされのない、一回きりの不倫を提案する。
e0214793_22534968.jpg


e0214793_00325623.jpeg
 


  でも、本命はやっぱりクリステイーヌ。というか、クリステイーヌのほうがアントワーヌに執心している様子。両親がバカンスに出かけたのをみはからって、いよいよアタック開始。わざとテレビの部品をはずして壊れたように見せかけ、靴屋を辞めたあと電気修理工になったアントワーヌを家に来させる。クリステイーヌの作戦は見事成功。ふたりは幸せに朝を迎える(彼女は彼に、いかにラスクを破損させずにバターを塗るかのテクニックを伝授する)。 そしてアントワーヌは......,
ついに彼女に求婚する! めでたし、めでたし。
e0214793_08404764.jpg




e0214793_00365381.jpg

[PR]
by kuro_music | 2014-12-22 00:40 | kuroの試写室

アントワーヌ・ドワネルの冒険(その2)- 20歳の恋 - Antoine et Colette (仏題)


e0214793_08270302.jpg

 さてさて、腕白小僧だったアントワーヌも、もう青春の真っ只中。
とっても気になる女の子がいる。その名はコレット。クラシックのコンサート会場で一目見て恋に落ちたのだ。
1962年に撮られたこの作品は、短編で29分しかない。だからよく、他の映画とカップリングで売られていたのを思い出す。私が昔持っていたビデオにも、これともうひとつ何か別のフランス映画が入っていた。短いとはいえ、これはアントワーヌシリーズのれっきとした2作目で アントワーヌのその後のキャラクターを理解する上で欠かせないエピソードが語られている。


自立したくてたまらなかったアントワーヌは、ちいさな仕事を見つけ、小さいけれど人生で最初の自分の城を見つける!それがこのアパルトマン。
e0214793_08273097.jpg


 目覚まし時計のネジとラジオのつまみをひもで結び付けて作った、オリジナルの目覚まし時計で目を覚ますシーン。目覚ましが鳴ると、ネジが回転しラジオがオンになるしくみ。目覚ましラジオの存在しない時代は、個々がもっと知恵を絞ってくらしてたんですねえ.....。アントワーヌの一日は、昨日の吸い殻に再び火をつけ、バッハのレコードに針を落とすところからスタートします。

e0214793_08275243.jpg

 
 映画館でコレットに迫るアントワーヌ。おもいきり退けられたアントワーヌはショックで即、退場。
e0214793_08280864.jpg




 大好きなコレットの家族の住む家の真向かいに引越しをして以来、アントワーヌはもう彼らの家族の一部。ごはんだって食べに行っちゃう。
コレットの両親にはとても歓迎されているアントワーヌだけれど、肝心のコレットはいつまでたっても脈なし。そしてこの日コレットは、夕食後に迎えに来たアルベールと共に、アントワーヌをおいてきぼりにして出かけてしまう。
e0214793_08282891.jpg



    ちょっと、可愛そうなラストです。でも、これが青春!

e0214793_08375685.png



[PR]
by kuro_music | 2014-12-19 07:51 | kuroの試写室

アントワーヌ・ドワネルの冒険(その1) ー 大人はわかってくれない - 400 cents coups (仏題)


e0214793_07485123.jpg

フランソワ・トリュフォーは、私がこのブログのタイトルにした”アントワーヌ・ドワネル”という魅力的なパリジャンをこの世に送り出した、フランスの映画監督。
このアントワーヌを主人公として、1959年から20年にわたって5部作が制作され、いずれの作品においてもジャン・ピエール・レオーという、同じ俳優がアントワーヌを演じた。

        
     60年代はじめの頃のジャン・ピエール・レオー。
e0214793_07491650.jpg


主人公アントワーヌは、トリュフォーの分身とも言われ、監督の自伝的な作品でもある。
これらの連作は「アントワーヌの冒険」とよばれ、トリュフォーの作品郡のなかでも最も重要な位置を占める。どの作品も独特の味わいがあり、観るたびに新しい発見がある。もう一度、そのひとつひとつの映画の魅力をふりかえってみよう。


これは1959年日本公開の時のポスター。いい味でてる!

e0214793_07493072.jpg
連作の最初の作品である「大人はわかってくれない」は、1959年に14歳のジャン・ピエール・レオを起用して撮影された(白黒)。この映画の、ジャン・ピエール・レオーのあどけなさと、すでに大人顔負けなまでに個性の備わった演技には脱帽!
早熟で、読書好きで、夢見る自由人アントワーヌのものがたりはここから始まるわけだ。
この作品で語られるのは、アントワーヌの子供時代。といっても、決して「子供向けに」作られた作品ではない。厳格なくせに甲斐性のない父親、子供への愛はあるのに男との情事に走る母親、制約の多い学校生活....。そんな中で反抗を繰り返しながら生きる術を発見してゆくアントワーヌの姿は、むしろ痛々しい。

アントワーヌは典型的な、今で言う「グレた」子供だ。でもどこか飄々として、誰も犯すことのできない彼だけの清潔な領域を保っているのは、彼がすでに文学や音楽に目覚め、それによって自分の目指すべき道をどこかに見ているからだろう。
アントワーヌの家は貧しくて、個々の部屋も持たない生活だけれども、彼は敬愛するバルザックのための祭壇を部屋の隅っこにこしらえた。そここそが彼の居場所なのである。 でも、たとえ崩壊しかかった家族であろうと、そこにやっぱり子供はぬくもりを求める。アントワーヌが車のなかで父と母と楽しそうにしてるシーンは、切ないほど無防備で泣けてくる。

e0214793_07494809.jpg




[PR]
by kuro_music | 2014-12-18 19:52 | kuroの試写室

ベルヴイル散歩

今日は、私の住んでいる地区をご紹介します。この地区は、ビュット・ショーモンとベルヴィル公園というふたつの大きい公園をかかえている。古いシャンソンに出てくるメニルモントンも、目の前に見える教会からすぐ。
e0214793_6382990.jpg
このあたりは移民が多く、数年前はこんないい感じのカフェなどひとつもなくて、結構危険な地区(!)として名を馳せていた。それがここ4~5年の家賃などの高騰により、いわゆる中産階級のひとたちで、どちらかというと庶民的な雰囲気のなかで生活したいわ!ってひとたちが移り住んできてくれたおかげで、だんだん雰囲気が改善され始めた。今じゃアート・ギャラリーや素敵な本屋さんだってある。


これがベルヴイル公園のほんの入口。 高いところにあるから、パリ中が見渡せるすごい公園!
e0214793_6493933.jpg


e0214793_6594115.jpg



ベルヴイル通りにあるE.ピアフが生まれた家。前を歩いてる観光客が、突然足を止めて上を見上げるから 危なくて困っちゃう!
e0214793_6571751.jpg


「言葉に用心」?

e0214793_7233571.jpg


さて、これはちょっと独特のカフェ・レストラン。非営利団体が運営していて、ボランテイアと会員のひとたちに支えられている(2ユーロで誰でも会員になれる)。週末だけの営業で、午後はコーヒーやBIOの飲み物などが楽しめるカフェとして、夜はレストランになる。お料理は多国籍で、16~17ユーロのコースのみ。ワインも選べる。狭い店内は、10人も座れば一杯になってしまう。だから、いつも満員! ギャラリーとしても機能していて、若いアーテイストの作品を6週間ごとに紹介している。魅力的なアドレス! 

e0214793_07283051.jpg

 壁にかかるアーテイストの作品

e0214793_18583462.jpg

  前菜からデザートまで、ヘルシーかつ独創的なメニューで狭い店内はいつ行っても満員!アット・ホームな雰囲気もご馳走のうち。
e0214793_07224054.jpg
  

 赤ちゃん抱いててもこの通り!
e0214793_07270807.jpg

 KIWIZINE - 92 Rue Rebeval (19区)/Metro :PYRENEE 

[PR]
by kuro_music | 2014-12-06 18:37 | パリでお散歩

サン・マルタン運河沿い

e0214793_01550194.jpg
もう、あとはクリスマスめがけてまっしぐら!!という冬気分でいたある日、突然のプレゼントのようなお散歩日和の週末が訪れた。
そこで、最近注目されているスポット、サン・マルタン運河沿いを歩いてみることに。いたいた!老若カップルに観光客。このあたりの普通ぽくて、すこ~しさびれた雰囲気がとてもいい感じ!パリに10年も住んでいるのに、一度も歩いたことのないゾーンだった。
e0214793_07393245.jpg
このあたりは、セーヌ川沿いの「いかにもパリ」的な感じじゃなくて、むしろほかのヨーロッパの街に共通する雰囲気がある。個人的には、ミラノのナヴィリオ地区を思い出してしまった。
e0214793_07404325.jpg


この先には、M.カルネの「北ホテル」の舞台となったホテルがある。現在に至るまで、ちゃんと現役!!
想像していたよりも、ずっとちいさなホテルだった。ここのレストランは結構有名で、人気スポットらしい。

e0214793_08020920.jpg



それからすぐ先に、近頃話題のサロン・ド・テがある。 外見は目立たないのに、扉を開いてびっくり。可愛い!!ー そういえば、" kawaii" はすでにフランスでも使われ始めている言葉。 それにしてもこの店、代官山あたりにありそう!
e0214793_01555539.jpg
 お店の名前は、"La Chambre aux Oiseaux"(ラ・シャンブル・オ・ゾワゾー/鳥たちの部屋)。 パリではめったにお目にかかることのない、とびきりおいしいフィルターコーヒーがマグ・カップでたっぷり飲める。加えて、ここのケーキはすべて手作り、とくれば当然朝食も大人気(写真)!特筆すべきは、店のインテリア。味のあるアンテイークの家具や小物は見ているだけでもうっとり。素敵だからって、持って帰らないように!

La Chambre aux oiseaux - 48 Rue Bichat (10区)Metro:Republique Jacque Bonsergent




e0214793_01541160.jpg





[PR]
by kuro_music | 2014-11-30 08:22 | パリでお散歩