タグ:ミラノ ( 2 ) タグの人気記事

雨の夜の部屋探し

e0214793_08430513.jpg



ミラノで、始まったばかりの仕事と家探しで疲れ果てていた私は、ホテルの部屋でぼんやりとテレビを眺めていた。するとふいに電話が鳴り、出てみるとオーケストラ専属の合唱団員の女性からで、彼女のアパルタメント(イタリア語で、アパート、マンションのこと)の一室が空いたので今見に来ないかということだった。ホテルから歩いて行ける距離だという。時計を見るとすでに21時を回っていたが、本気で住むところを探していた私に他の選択肢はなかった。
濃い闇に、オレンジ色の街灯の明りが溶け出す通りに出ると、さっきまでか細く降り続いていた雨が途端にその雨脚を強め、私は急に強い不安に襲われた。そして、自分がよく知りもしない街角へ、ひとりでこんなに遅い時刻に飛び出してきてしまったことを後悔した。今、突然誰かに襲われてもなんの不思議もあるまいなどと考えながら、濡れて黒光りのする道路を歩いていると、急に眼の前に頭までレイン・コートに覆われた誰かが現われた。驚いて声をあげそうになったけれど、すぐに相手が私のことを知っていることがわかった。その男性は、私の名前を口にしたからだ。私のことを心配して、通りまで出てきてくれたらしい。強い雨に打たれながらややしばらく彼についてゆくと、やがてある建物の前で立ち止まって扉を開けた。
ーーどうぞ。入って!
アパルタメントのなかは薄暗く、間接照明でところどころ照らし出されていた。
私の前に、ひとりの女性がにこやかな笑顔を浮かべながら現われた。
赤毛で、そばかすいっぱいの彼女のことを、私はどこかで見かけたことがあると思った。”そうだ、たしか、マーラーの交響曲の時にだ!”と私は思った。私を迎えに出てくれた男性の方もやはりオーケストラの合唱団員で、女性とは親しい友人らしかった。
女性はまず、私に家の中を案内した。
家の中は、まさに彼女という人をそのまま表現したかのようなインテリアだった。
家中、バスルームから居間に至るまで、およそ考えられる全ての突起物に彼女の帽子だの、首飾りだのがぶらさがっていた。
バスルームに至っては、洗面台が見えなくなるほどに彼女の宝物が場所を占領していて、しかもやっと相手の顔が見分けられる程度の明りのなかに艶っぽく浮かんでいた。ひととおり部屋を見せ終わると、彼女は私を色とりどりの布でうめつくされたリビングに案内し、私はインドの香の匂いのするソフアに座った。
私が部屋を見回していると、合唱団員の男性が私たちのためにジェラートをテーブルに運んできた。その後から彼女が部屋に入ってきて、私に家は気に入ったかと尋ねた。
私が個性的なインテリアに感嘆を示すと、彼女はうれしそうに私のそばに腰を下ろした。すると、あたりに甘い香りが漂った。それは、つけたての香水だった。
続いて、彼女は次々と私のことについて尋ねた。
どうしてイタリアに来たの? もうどのくらいミラノにいるの? ホテルは....,
アイスクリームが、ゆっくりと溶け始めていた。
蓄積した疲れが、少しづつ頭をもたげ始めているのを私は感じた。
私は、彼女の黒くふちどられた緑色の眼を見ながらシャム猫を連想した。
でもシャム猫の声は以外に低くて、どこか私を警戒させる響きを持っていた。
”私ね、ついこの間までここでガールフレンドと暮らしていたの。でも別れたのよ。彼女と....。”
” 疲れているのね。可愛そうに!あら、ジェラート溶けちゃってるわよ。”
合唱団員の男性は、まるで存在しないかのようにじっとそこに座っていた。私は一度ほめた部屋を断るのに何と言おうか、無理やり頭を働かせている最中だった。するとその時、かたんと音がして本物の猫がやってきた(シャム猫ではなかったが)!
彼女は猫を抱き上げると、愛おしそうに口づけして私に紹介した。
”あなた、ところで猫はお好き??”
ああ、このときほど自分の猫アレルギーに感謝したことはなかった!
完全に眠気のふっとんだ頭で丁寧にお礼を言うと、私はその家を後にした。
ホテルに帰ると、なにもない殺風景な部屋が妙にすがすがしく感じられた。
そして歯を磨く気力もなく、私はそのままベッドに倒れこんで眠ってしまった。
翌朝、目が覚めると私は真っ先に昨日の夜、なにがあったか思い出そうとした。
そして、すぐに合唱団員の女性の顔が頭に浮かんだ。彼女のつけていた香水はまだほのかに、メドウーサの髪のように私にからみついていた。



























[PR]
by kuro_music | 2015-03-12 02:09 | イタリアで

進め!イタリアの明かりだ!

1999年の夏、ウイーンで勉強中だった私はヴアイオリンを抱えてミラノ行きの列車に乗った。オーケストラのオーデイションを受けに行くためだった。  その年、私は初めて強くヨーロッパのオーケストラに入団したいと望んでいた。 毎月買う、ヨーロッパ中のオーケストラの求人情報の載った雑誌をめくっていた時に、このミラノのオーデイションのことを知った。そしてこのオーケストラの主席指揮者のところに私の憧れのイタリア人指揮者の名前が載っているのを見つけた瞬間 私はイタリアに行ってみようと思った。                  

 初めて目にしたミラノの街はガソリンで曇っていて、埃っぽかった。私は、予約したホテルを探してマルコーニ通りを行ったり来たりしていた。どこを探しても、目的のホテルが見つからないのである。 けれどもよく気をつけてみると、信じられないほど粗末で目立たない扉の横に、いくつも並んだインターフォンのボタンがあって そのひとつに手書きでホテル名が書かれていた。が、鳴らしてみても何の返答もない。 不安になって何度も押してみたが、結果は同じである。予想外の展開に面食らった私は、すぐ真向かいにあった大きくて立派なホテルに助けを求めた。
金色に輝くホールで、レセプションの男はとても親切に何があったか理解してくれ、早速 向かい側の「ちいちゃな」ホテルに電話をするとこう言った。「おいおい、どうしたんだね?あんたんとこのお客さんが、中に入られなくて困ってるじゃないか?」 電話の後、彼は私に まるで自分のホテルの別館にでも案内するかのように「さ、どうぞ。もう大丈夫!入れますよ」と言ったのだった。
  
 その小さく古びた扉を開けると、ヨーロッパの建物の多くがそうであるように、 中には別の建物と中庭があった。ホテルのドアを開けると、再び驚きに見舞われた。レセプションには「青いバス・ローブ姿の男」が立っていたのだ!でも、私が本当に言いたいのは、ホテルのフロントにバス・ローブを着た男が立っていたことよりも、それまでの人生でこんなにバス・ローブの似合う男を見たことがなかったということである。ーつまり、彼はアラン・ドロンみたいにセクシーであった!ー
しかも私が入っていった時、彼は大声で電話の真っ最中だったので、私は彼の見事なバス・ローブ姿を見ながら 「それにしても朝の11時になるというのに、フロントの人がシャワーを浴びたばかりとは一体どういうことなのだろう?」などと考える時間があった。 電話の後、このハンサムな男性はバス・ローブ姿のまま、とても親切に部屋へ案内してくれた。私がヴアイオリンを弾いてもよいかと尋ねると、彼は目を輝かせて「それじゃ、今夜ぜひ皆の前で演奏してもらえない?」と言って出て行った。”皆”とは一体誰のことなのか、その時は解らなかったが ,夕食の時間が近づいてそれがわかった。私が夢中で練習していると、ひかえめにドアをノックする音が聞こえた。ドアを開けると、そこには今朝のバス・ローブの男ともう一人、別の男がにこにこしながら立っていた。「さあ、こちらへ!」  促されるままに付いて行くと、奥のキツチンや居間には彼らの家族と思われる人々が集っていた。私まで前菜などを勧められ、ついにそこでヴァイオリンを弾くことになったのだ!私にとっても、本番前のリハーサルになるので有難かったが 知らな、大人から子供までが思い思いの場所に腰を下ろして私の演奏に耳を澄ましてくれたこの不思議な夜は、私にとって初めてのイタリアの夜でもあり、鮮烈な印象となって残った。

 次の日のオーデイションはこれもまた、びっくりの連続だった。世界中のクラシック・ファンが知っている高名なマエストロ(指揮者)が目の前にいて、私が一通り弾き終えると満足げに微笑んでこう言った。「ベーネ、ベーネ(goodの意味)!君は上手だから、ちょっとシュトラウスの「英雄の生涯」のソロをひいてもらえないかね?」ー 断っておくが、この『英雄の生涯」のソロとは、通常コンサート・マスター(ヴァイオリンのトップ奏者)が演奏する部分で、今回の私のようにその他大勢の奏者の試験を受けに来た者が弾くべき曲ではない。しかも難曲である。当然のことながら、用意のない私は断った。すると今度は、別の曲のこれまたコンサート・マスターが演奏する部分を弾けと言う。あっけにとられた私が立ちすくんでいると、彼のアシスタントがやって来てさっさとその楽譜を私の前に置いた。それはバッハの曲だった。「大丈夫だから、ちょっと弾いてごらん」と言う彼の言い方には、「コーヒーを淹れてくれる?」ぐらいの重要性しかなかった。こうなったらもう、弾くしかない。私は弾いたがそれは全くの初見で、初見の苦手な私は自分の弱みをさらしたにすぎなかった。
私は 半泣きになりながらホテルに戻り、自分の小ささを呪った。せっかくのチャンスを台無しにしたかもしれないのだ。 オーデイションの結果は1週間後と聞いて、ウイーンに戻った私は、一週間経っても何の連絡もないこのオーデイションはきっとだめだったのだと思った。
そして忘れかけていた頃、突然の電話で合格が知らされた。実感がつかめなかった私は、「つまり、イタリアに住むということですか」などとつぶやいてしまった。すると電話の向こうで相手は「そう。引っ越さなきゃならないんじゃない?」とイタリア語訛りの英語で答えた。
e0214793_734847.jpg

[PR]
by kuro_music | 2014-09-27 19:25 | イタリアで